« 大伴家持1 | トップページ | 香道 »

2007年9月14日 (金)

秋の夜長

秋の夜長、皆さん何をして過ごしていますか?秋の夜というと不思議と長い感じがします。この長い夜を有意義に過ごしたいものです、が、私の場合はというと・・・大好きな日本酒をチビリチビリと飲みながらすぐに寝てしまうというパターンが多い・・・

こんな秋の夜長にぴったりな歌が

「あしひきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む」
柿本人麿、万葉集、百人一首

山鳥というのはどんな鳥かよく知らないのですがとにかく尾のなが~い鳥なのでしょう。こんな夜に一人さびしく寝ているのがほんとに長く感じられるといういい歌ですね。

でもこの歌にはちょっと謎があります。作者は、かの柿本人麿。その代表作として百人一首に選ばれていますが、人麿の歌にはもっとすばらしいのがいっぱいありますよね。「東の野にかぎろいの・・・」とか、それにこの歌は万葉集では「読み人知らず」となっていてどうも人麿の作ではないようなのです。なぜ藤原定家が百人一首にこの歌を選んだのか?そこにはすごい暗号がこめられているという話があるのですが、これを書き出すと長くなるのでまたの機会にしますが、とにかく秋の夜長にはこの歌です。

百人一首の暗号の本はマイリストに載せておきました。興味のある方はどうぞ。

|

« 大伴家持1 | トップページ | 香道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/16445779

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長:

« 大伴家持1 | トップページ | 香道 »