« 秋の夕暮れ 3 | トップページ | 初春の »

2008年1月 1日 (火)

新しき年 2008

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

「新(あらた)しき年の初めの初春の 今日ふる雪の いや頻(し)け吉事(よごと)」大伴家持

今日ふる雪が重なって積もるように、吉事が続いてほしいという、おめでたい歌です。

これが万葉集の最後の歌であり、家持の最後の歌でもあります。
一見なにげない歌に思えますが、藤原氏全盛の時代にあって、数年前に大伴氏は奈良麻呂の変に加担したとして、何人もが罪に問われて悲惨な目にあっています。このような不穏な時代がなんとか終わってほしいという家持の願いがこめられているように思えます。
この歌で家持は万葉集をしめくくり、和歌の舞台から去りました。家持はこの後20年間生きているのですが、全く和歌は残っていません。

今の時代も不穏な事件が続きますが、いい年になってほしいという願いもこめて年の初めの歌としてこの歌を紹介したいと思います。

|

« 秋の夕暮れ 3 | トップページ | 初春の »

コメント

あけましておめでとうございます。

新年に相応しい歌を選んでくださってありがとうございます。

きょうこの歌の意味がはっきりわかりました。
今日ふる雪が重なって積もるように、吉事が続いて
ほしい ということだったんですね。

新年早々うれしいです。
今年もよろしくおねがいいたします。

投稿: 梅子 | 2008年1月 4日 (金) 06時06分

梅子さんありがとうございます。

新年に降る雪は吉事のしるしということでおめでたいもののようです。

金沢は雪でしたがニューヨークはどうだったでしょうか?

投稿: kazu | 2008年1月 4日 (金) 16時04分

明けましておめでとうございます。
私は昨年からのセールがやっと一段落しました。

今年は年明けから世界経済の雲行きが怪しい情勢で、ちょっと心配です。

名古屋は雪が降りませんでしたが家持の願いにあやかりたいものです♪

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: nmzk | 2008年1月14日 (月) 23時58分

nmzkさん、年末年始は忙しかったようですね。お疲れ様です。

たしかに正月から株価が下がっていて、私も少しハラハラしております。

投稿: kazu | 2008年1月15日 (火) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/17543409

この記事へのトラックバック一覧です: 新しき年 2008:

« 秋の夕暮れ 3 | トップページ | 初春の »