« 雪の夕暮 | トップページ | 散る桜 »

2008年4月 7日 (月)

しばらくさぼっていたら春になってしまいました。

「久方の光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ」紀友則

桜を見ると人生の無常観を感じずに入られない。この花も数日後には散ってしまうのだなーなんて思って、紀友則は桜を見ていたんでしょうが、兼六園の桜を見に行ったら、すごい人だかりで静かに眺めるどころではありませんでした。

Sakura1 Sakura2

|

« 雪の夕暮 | トップページ | 散る桜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 雪の夕暮 | トップページ | 散る桜 »