« 万葉集の恋の歌 | トップページ | 薬師寺 »

2008年5月13日 (火)

目指すは金メダル!

うちのパソコン教室の生徒の小松璃佳(りけい)さんが、北京パラリンピック女子柔道の日本代表選手に選ばれました。視覚障害者の70キロ超級です。
これまでも世界選手権ではいくつものメダルを取ってきました。
昨日・今日とNHKテレビに出ていました。

かなりハードな練習で大変だと思うけど、北京では全力を出し切ってきてね。
目指すは金!

Rikei1_2 Mark

|

« 万葉集の恋の歌 | トップページ | 薬師寺 »

コメント

ブログ掲載ありがとうございます。
頑張って石川に金メダルをもってかえってきたいと思います。
中国も今とても大変なときなので・・
私もそうでしたが、最悪のときにこそ、真価が試されると思います。
中国が頑張って、北京パラリンピックで苦難という暗雲という泥の中からからみごとな蓮華がさきますようにと・・
祈っています♪

私は額田王の歌が好きです。
元気がでます。

熟田津(にきたつ)に船(ふな)乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな(万1-8)

【通釈】熟田津で船に乗ろうと月の出を待っていますと、月が出たばかりでなく、潮も満ちてきて、船出に具合がよくなりました。さあ、今こそ漕ぎ出しましょう。

【語釈】◇熟田津 今の愛媛県松山市和気町・堀江町あたりとする説などがある。いずれにしても道後温泉のそばの港。ニギタヅあるいはニキタヅと濁って訓む本もある。

【補記】左注には憶良の『類聚歌林』からの引用があり、斉明天皇七年(661)正月、伊予国熟田津の石湯行宮(いはゆのかりみや)に泊った時の斉明天皇御製とする。百済からの援軍要請に応え、朝鮮半島へ出兵する途次、四国から九州へ向かって船出する際の作である。

【鑑賞】暗い海路に月の光が射し、潮が満ちてくる情景を前に、困難な航路へと旅立ってゆく人々を鼓舞し勇気づける、作者の凜々しい姿を想い浮かべずにはいられない。「あかねさす」の歌と共に、額田王の代表的名作であるばかりでなく、初期万葉のシンボル的な傑作。

北京へゴーです♪


投稿: 小松璃佳 | 2008年5月15日 (木) 22時03分

コメントありがとう。
さすがよく勉強してるね。
額田王の歌は今はぴったりですね。

中国大変みたいけど大丈夫かな。気をつけて行って来てください。

投稿: かず | 2008年5月16日 (金) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/41191770

この記事へのトラックバック一覧です: 目指すは金メダル!:

« 万葉集の恋の歌 | トップページ | 薬師寺 »