« 源氏物語(葵) | トップページ | 源氏物語(葵)2 »

2008年6月28日 (土)

上賀茂神社

源氏物語の葵の上と六条御息所の車争いの場面で賀茂の神社が出てきたところで、上賀茂神社に残る和歌を紹介します。

「ほととぎす声待つほどは片岡の 森の雫に立ちや濡れまし」紫式部

ほととぎすの声を待つというのは、恋人を待つという意味で使われているようです。片岡の森のしずくに濡れながら朝まで待っていようという歌です。紫式部はここで誰かを待っていたのか、それとも源氏物語の筋を考えていたのか、わかりませんがこのあたりの森を見ているとタイムスリップしたような不思議な感覚に襲われます。
数年前この神社を訪れたとき、受付にいた若い巫女さんに「紫式部が和歌を読んだ森はどのあたりですか?」、と聞いたのですが、「はー???」という答えでした。後で宮司さんに聞くと丁寧に教えてくださいました。
写真は数年前に行ったときに撮ったものですが、この橋の向こうの方の森だそうです。

Kamikamo1 Kamikamo3

上賀茂神社にはもうひとつすばらしい和歌が残っていますね。百人一首ににものっている藤原家隆の歌です。
楢(なら)の小川は上賀茂神社の中を流れています。

「風そよぐならの小川の夕暮は みそぎぞ夏のしるしなりける」従二位家隆 

Kamikamo2

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ

|

« 源氏物語(葵) | トップページ | 源氏物語(葵)2 »

コメント

この写真の先にある鬱蒼とした森に分け入らんととするときに、おみくじの結んである風景はどうもいただけません。これがなかったら俗世間のことを忘れすんなりと紫式部の世界に入り込めるのに。

投稿: 豪腕プチリンコ | 2008年6月28日 (土) 15時26分

>豪腕プチリンコさん

そうですね、紫式部がおみくじをひいたか疑問ですね・・・、もう一枚、写真を付けておきました、神殿の後ろの方の森だと思いますよ。

投稿: かず | 2008年6月28日 (土) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/41671636

この記事へのトラックバック一覧です: 上賀茂神社:

« 源氏物語(葵) | トップページ | 源氏物語(葵)2 »