« 京都紀行その1(御所) | トップページ | 京都紀行その3(蘆山寺) »

2008年6月18日 (水)

京都紀行その2(源氏物語絵巻)

御所を出ると予定にはなかったのですが、偶然目の前に相国寺の美術館の「源氏物語絵巻錦織展」の案内板がありました。せかっくなので入っていこうと思いブラリと入ったのですが、これが大変なものでした。源氏物語絵巻を織物で織ってあるのですが、言葉では言えないほどすばらしい。
山口伊太郎という方が30年以上の歳月をかけて作ったということです。思いがけずすばらしいものを見ることができました。着物好きのうちのカミさんも大満足のようでした。源氏物語千年紀ということもあって京都の町を歩いているといいことにめぐり会えます。
ホームページがあったので紹介しておきます。

http://www.itaro-genji.com/index.html

写真は自分で撮る事が出来なかったのでホームページからです。

Emaki Emaki2

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ

|

« 京都紀行その1(御所) | トップページ | 京都紀行その3(蘆山寺) »

コメント

すごいものを見てこられたのですね。
京都はどこへ行っても何かに出会えますね。
歴史が違う。アメリカは良くぞ京都に爆弾を落とさないでくれました。この部分には感謝です。

投稿: 豪腕プチリンコ | 2008年6月18日 (水) 20時47分

織物で綴る源氏物語絵巻!!
素晴らしいですね

期間延長となっています
京都の夏は暑そうですが行ってみたくなりました

投稿: うさキョン | 2008年6月18日 (水) 21時02分

お晩にござる^^

氏の撮影なる御所紫宸殿の画像を
拝借できるは
いと嬉し 有難し

早速 湖面渡を頂戴するも
あなうれしかな^^

虎駆馬駆も忝し
予も送らせていただきたるに
よろしくお引き回しのほどを
おんねがひ
申し上げる次第に
御座候

頓首

投稿: あかひと | 2008年6月18日 (水) 21時04分

源氏物語絵巻の再現ということで、テレビで放映していました。人が手間暇をかけて作ったものは、それ相応のすばらしさがあると思います。コンピュータ画像とは、違いますね。

投稿: usapyon | 2008年6月18日 (水) 23時52分

豪腕プチリンコさん、うさキョンさん、あかひとさん、usapyonさん、コメントありがとうございます。

このきかいにぜひ行かれることをお勧めします。作品は普段はフランスの美術館にあるそうです。今逃すとフランスへ行かなくてはならなくなるかも。

>usapyonさん、
テレビでやっていたようですね。見逃しましたweep

投稿: かず | 2008年6月19日 (木) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/41569092

この記事へのトラックバック一覧です: 京都紀行その2(源氏物語絵巻):

« 京都紀行その1(御所) | トップページ | 京都紀行その3(蘆山寺) »