« 源氏物語(賢木)2 | トップページ | 朗読のお誘い »

2008年7月11日 (金)

源氏物語(花散里)

葵、賢木の帖では、怨霊は出てくるは、藤壺は出家してしまうは、朧月夜との密会も見つかってしまうしと、大事件が続きましたが、この花散里の帖はチョット一息つくところです。この後はまた須磨・明石と大変なことになって行きますので・・・、

「橘の香をなつかしみほととぎす 花散里をたづねてぞ訪ふ」光源氏

「たちばなのかをなつかしみほととぎす はなちるさとをたづねてぞとふ」

こういう歌は、仮名で書いて声に出してみると味わいがあります。“橘の香りを懐かしんで来たほととぎすのように、私も橘の花の散るこの里を訪ねてきました。”

“はなちるさと”という響きもいいですね。

この歌は故・桐壺院の女御・麗景殿(れいけいでん)を久しぶりに訪ねて送ったものです。源氏はその後、妹の三の君を訪ね、この君が後に花散里の君と呼ばれます。

うちのカミさんが源氏物語占いをしたら、「花散里と出たんだけど花散里ってどんな人?」と聞くのですが、「ん~~~一言ではいえないよな~」としか答えられないほど、物語では詳しく書かれていないのですが、源氏から見ると、一番頼りにしているというか、そばにいるとホッとするような女性だったようで、後に玉蔓や夕霧の娘の養育をまかされたり、六条院にも迎えられたりして手厚い待遇を受けます。

なんとなく雰囲気は伝わってきますが、うちのカミさんが花散里・・・??

http://www.genjidaigaku.jp/uranai/index.asp

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ

|

« 源氏物語(賢木)2 | トップページ | 朗読のお誘い »

コメント

花散里って面倒見のイイおっかさんタイプ?でしょうか。源氏の君も自分の母のような想いで慕っているような気がします。

投稿: yamakei | 2008年7月11日 (金) 16時45分

当時の知識人は、たしなみの一つとしてうたを読んだのでしょうが、日本人って素晴らしいですね。
ここから、俳句、短歌、川柳などと庶民の方へ広がったのでしょうか。

投稿: 豪腕プチリンコ | 2008年7月11日 (金) 21時49分

>yamakeiさん
花散里の君に関しては、美しいとかいう表現は何もないのですが、後々、源氏はかなり頼りにしていますね。息子の夕霧の相談相手でもあったようですし、それにあまり愚痴っぽくないのがいいのかな、
ほっといても怨霊にはならないようだし。(これは男の都合ですが^^;)

>プチリンコさん
この文化残したいですね、日本人ですから。

投稿: かず | 2008年7月12日 (土) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/41801380

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語(花散里):

« 源氏物語(賢木)2 | トップページ | 朗読のお誘い »