« 源氏物語(朝顔) | トップページ | 源氏物語(乙女)「六条院完成」 »

2008年8月17日 (日)

源氏物語(輝く日の宮)

「輝く日の宮」という帖は、現在残っておりません。本当に存在したのかもわかっていないのですが、謎の部分が興味深いので紹介させていただきます。あったとすれば第1帖の「桐壺」と第2帖の「帚木」の間です。

なぜ、こういう説が出てきたのか?

まず、藤原定家が書いた源氏物語の奥入(注釈本)に「輝く日の宮」というタイトルがあるのですが、「この巻もとよりなし」と書かれているのです。

「輝く日の宮」というのは、桐壺の帖に、源氏と藤壺があまりに美しいので「光源氏」「輝く日の宮」と呼んだというところからきています。

次に、内容的に抜けているのではないかという部分があります。
・朝顔の君に源氏がせまって最初にふられるシーン。
・六条御息所との最初の出会い。
・藤壺との最初の不倫。

この部分があると、次の帖からの内容が、辻褄があってきます。
でも、はじめからなかったという説もあります。これは紫式部が読者の想像を掻き立てる為にわざとそうしたというのです。後から出てくる「雲隠れ」という帖はタイトルだけで、内容は光源氏がなくなる部分ということになるのですが、全く存在しません。

また、内容があまりにもきわどいものだったので、誰かが削除したという説もあります。たしかに源氏物語の初めの部分に帝の后と帝の子が過ちを犯してしまう、というのは今にしてもかなり過激な内容ですね。

ミステリアスですねー。「輝く日の宮」についてもっと知りたい方は、次の2冊をお勧めします。

丸谷才一「輝く日の宮」
女性国文学者の主人公が、「輝く日の宮」についての考察を交えながら色々な体験をしていく小説です。私も読みましたが、すごくおもしろいです。瀬戸内寂聴さんも絶賛しています。泉鏡花文学賞を受賞しています。

瀬戸内寂聴「藤壺」
現代文と古文で「輝く日の宮」を書いています。タイトルは他の帖と合わないということで藤壺にしたそうです。これもおすすめです。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ

|

« 源氏物語(朝顔) | トップページ | 源氏物語(乙女)「六条院完成」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/42191116

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語(輝く日の宮):

« 源氏物語(朝顔) | トップページ | 源氏物語(乙女)「六条院完成」 »