« 源氏物語(初音) | トップページ | 10000カウント突破! »

2008年8月31日 (日)

源氏物語(胡蝶)

六条院では春の御殿の池にそのうえで雅楽を奏でるというなんと贅沢なことをやっております。秋の御殿のほうには宮中から秋好中宮が下ってきておりまして、そちらの池の方にも若い女房達をのせて船で行ってしまいます。

※秋好中宮(あきこのむちゅうぐう)、六条御息所の娘、前斎宮、梅壺の女御とも呼ばれていた。(念のためおさらいを)

紫の上から中宮へ歌が送られます。

「花園の胡蝶をさへや下草に 秋まつ虫はうとく見るらむ」紫の上
“秋の虫はこの胡蝶をみてもまだ春がきらいというのでしょうか”

こんなことが六条院では毎日のように行われていますが、一番の関心事はやはり玉鬘です。毎日、山のようなラブレターが届きます。
この時点でエントリーしている男達を紹介しておきます。

1.蛍兵部卿宮(ほたるひょうぶきょうのみや)
   源氏の弟

2.柏木(かしわぎ)
   頭の中将の長男、ということは玉鬘の弟になるのだが
   本人は知らない。

3.髭黒の大将(ひげくろのたいしょう)
   10年付れ添った妻と子供が3人いるが玉鬘に惚れこんでいる。
   ひげが濃くて、生真面目なおやじ(30代だけど)
   ルパン3世の銭形のとっつぁんを想像してしまうのは私だけか。

4.源氏
   父親代わりと言いながら玉鬘を犯そうとし、必死に拒まれる。

こんな状況で玉鬘は選びようもないし、相談しようにも源氏はこんなだし、大変です。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ

|

« 源氏物語(初音) | トップページ | 10000カウント突破! »

コメント

疲れることですねー。

投稿: 豪腕プチリンコ | 2008年8月31日 (日) 13時21分

皆さん必死です。
しかし美人に生まれたというのもまた大変ですね。

投稿: kazu | 2008年8月31日 (日) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/42334070

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語(胡蝶):

« 源氏物語(初音) | トップページ | 10000カウント突破! »