« 源氏物語(行幸) | トップページ | 源氏物語(真木柱)「玉鬘の結婚相手が決定!」 »

2008年9月23日 (火)

源氏物語(藤袴)

玉鬘争奪戦も佳境に入ってきました。その顔を垣間見てしまったばかりにとりこになってしまった夕霧の中将は、しつように玉鬘に迫ります。

「同じ野の露にやつるる藤袴 あはれはかけよかごとばかりも」 夕霧

“共に藤色の喪服を着ている境遇の二人なのですから少しでもいいから私のことを愛してください”
というような意味ですが、ここはちょっと解説を。

なぜ喪服を着ているかというと、大宮がなくなったからでして、この二人は大宮の孫に当たるのです。
大宮というと故桐壺帝の姉妹で、その子供が葵上と頭の中将で、夕霧は源氏と葵上の子供で、玉鬘は頭の中将と夕顔の娘なので、夕霧と玉鬘は大宮の孫なのです。だから二人とも喪服を着ているわけです。私も今回系図をじっくり眺めてみてやっと理解しました。あ~ややこし~

それにかこつけて夕霧は玉鬘の所に藤袴の花を差し入れ、それを取ろうとした玉鬘の袖を捕まえますが、玉鬘は奥の方へ逃げてしまいます。まあ親が親なら子は子で困ったものです。

Keizu

ややこしいので系図を載せました。(角川書店:源氏物語必携辞典より)

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

|

« 源氏物語(行幸) | トップページ | 源氏物語(真木柱)「玉鬘の結婚相手が決定!」 »

コメント

こんな家系図まであるのですか。私なんか家系図を見ても何が何だか分かりません。

投稿: 豪腕プチリンコ | 2008年9月23日 (火) 19時55分

>プチリンコさん、コメントありがとうございます。

物語ですからもちろんフィクションですが、実在の人物のように思えてしまうから不思議です。

これから、ますます複雑になっていきますよ~

投稿: kazu | 2008年9月24日 (水) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/42568413

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語(藤袴):

« 源氏物語(行幸) | トップページ | 源氏物語(真木柱)「玉鬘の結婚相手が決定!」 »