« 源氏物語(幻)「光源氏、死を覚悟する」 | トップページ | 山中温泉の紅葉 »

2008年11月17日 (月)

源氏物語(雲隠)

この帖はタイトルだけで、本文がありません。
が、内容としては光源氏の死が書かれているはずです。
これに関してはいろいろな説があります。

1.この巻には光源氏の死が描かれており、これを読んだ者たちが世をはかなんで次々と出家してしまったため時の天皇の命により内容を封印してしまった。

2.この巻の内容はどこかに密かに残されている。

3.わざとタイトルだけの形にした。

1.2.はWikipediaより引用しました。
3は丸谷才一氏もこの説を採り、瀬戸内寂聴さんも訳本の解説でもこの説を書かれています。

私も3の説を採りたいと思います。幻の帖の最後で「この世のものとは思えないほど美しい姿」を見せた源氏の死ぬ場面は書かないほうがいいとおもったのかもしれません。
いづれにしても、ミステリアスですね。タイトルも「雲隠」です。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ 人気ブログランキングへ

|

« 源氏物語(幻)「光源氏、死を覚悟する」 | トップページ | 山中温泉の紅葉 »

コメント

うーん。ミステリアスですねー。

投稿: 豪腕プチリンコ | 2008年11月18日 (火) 12時24分

そうですねぇ~
私も3であってほしいです(^^ゞ

投稿: himarinn | 2008年11月18日 (火) 21時14分

プチリンコさん、himarinnさん、ありがとうございます。
源氏物語はミステリアスだからますますおもしろいですね。
「輝く日の宮」の帖もそうですし、宇治十帖は違う人が書いたとか・・・

投稿: kazu | 2008年11月19日 (水) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/43143102

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語(雲隠):

« 源氏物語(幻)「光源氏、死を覚悟する」 | トップページ | 山中温泉の紅葉 »