« 夢の浮橋 | トップページ | 白山 »

2008年12月27日 (土)

今日起きてみると外は真っ白。いよいよ本格的な冬がやってきました。
こんな北陸の冬でも、晴れ間に夜空を見上げると時折、びっくりするほど沢山の星がきらめいて見えることがあります。
家持もそんな星空と白く積もった雪をみて、この歌を読んだのではないでしょうか。

「かささぎの渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける」 大伴家持

“かささぎの渡した橋のように夜空には白く輝く星が光り、地上には白い雪が橋をかけている、夜も更けてきたのだなぁ。”

かささぎの渡せる橋というのは中国の七夕伝説で一年に一度、かささぎが羽をならべて橋を作って、天の川を渡るというものです。
なんとも雄大な歌ですね。星がいっぱい見える冬の夜空をみていると、いつもこの歌が浮かびます。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

|

« 夢の浮橋 | トップページ | 白山 »

コメント

 北陸の方の山々はもう真っ白でしょうね。以前3月に金沢に行ったとき、白山のその清浄な姿に感激したものです。こんどは、雪に覆われた立山を見たいものです。

投稿: gatayan | 2008年12月27日 (土) 21時18分

たくさんの和歌を紹介いただき、愉しい一年でした。新年も宜しくお願い致します。

投稿: 豪腕プチリンコ | 2008年12月28日 (日) 09時40分

>gatayanさん
うちのあたりからも白山はきれいに見えます。
立山は万葉集にも歌われているように富山の氷見あたりからがいいですね。

>プチリンコさん
こちらこそ、いつもおつきあいいただき本当にありがとうございます。

投稿: kazu | 2008年12月28日 (日) 11時41分

今日は車のチェーンを買ってきました。車はないのですが、レンタカーを借りると昔風の鎖チェーンがついてきて、着脱にいつも苦労していたからです。ただかぶせるだけの、すご~く簡単、収納も便利!なものを売っていてびっくりしました。
いよいよ雪の季節ですね。

投稿: usapyon | 2008年12月28日 (日) 19時47分

usapyonさん、コメントありがとうございます。

タイヤチェーンですか、こちらではほとんど見なくなりましたねー。
スノータイヤを履かないところでは必需品ですよね。
さて、レンタカーでどこへお出かけでしょう。
北陸の温泉?スキー?

投稿: kazu | 2008年12月29日 (月) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/43546457

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 夢の浮橋 | トップページ | 白山 »