« 携帯用百人一首 | トップページ | 携帯用百人一首2 »

2009年1月16日 (金)

歌会始

昨日15日に皇居で歌会始の儀がおこなわれました。
今年のお題は「生」。
皇族方の御歌からひとつ紹介します。

皇后さまの詠まれた御歌です。

「生命(いのち)あるもののかなしさ早春の光のなかに揺り蚊(ユスリカ)の舞ふ」

ユスリカとは群れになって飛んでいる小さな羽虫です。どこにでもいる小さな虫に命のはかなさを感じられたという、すばらしい歌だと思います。

宮内庁のホームページを見てみたら英訳が載っていてちょっとおもしろかったので紹介します。

How sad and dear
The creatures living their lives-
In early spring light
The midges dance, forming
An ephemeral column.

「midges dance」がユスリカの舞ですね。
「ephemeral column」は、はかないコラム?円柱?。
なんとなくわかるような気はしますが・・・

この歌で私は啄木の
「いのちなき砂のかなしさよ さらさらと握れば指のあいだより落つ」
を連想しましたが、皇后さまがこの歌をふまえて作られたのかはわかりません。

来年のお題は「光」だそうです。私もひとつと思いますが、なかなか浮かびません^^;

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

|

« 携帯用百人一首 | トップページ | 携帯用百人一首2 »

コメント

今回選ばれた女子中学生が「頭が真っ白になり、足が宙に浮かんだようになり、気がついたら終わっていました」と言う言葉に、うんうんとうなずいていました。

投稿: 豪腕プチリンコ | 2009年1月16日 (金) 20時28分

われもまた皇后様の御歌に惹かれ心にユスリカの舞ひ 丹人

予がつたなき記事をトラバしたれば
了とされんことを^^

頓首

投稿: あかひと | 2009年1月17日 (土) 14時54分

プチリンコさん、ありがとうございます。

今回受賞して頭が真っ白になったのは女子中学生ではなくて男子中学生の北川光君ですね^^

「熱線の人がたの影くつきりと生きてる僕の影だけ動く」

大したもんです。

投稿: kazu | 2009年1月17日 (土) 15時04分

あかひとさん、ありがとうございます。
こちらからもトラックバック送らせていただきました。

投稿: kazu | 2009年1月17日 (土) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/43756515

この記事へのトラックバック一覧です: 歌会始:

» 春生む花 [友部丹人旅日記]
この庭の南の果ての梅の花・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2009年1月17日 (土) 14時55分

« 携帯用百人一首 | トップページ | 携帯用百人一首2 »