« 田子の浦に or 田子の浦ゆ ? | トップページ | 富士山(長歌) »

2009年1月 6日 (火)

立山

富士山が出たので次は立山。
これで日本三名山がそろいました。

「立山に降りおける雪を常なつに 見れども飽かず神柄(かむから)ならし」 大伴家持

“立山に振り積もった雪を四季を通じて見ていても飽きないのは神の品格があるからだろうか”

『常なつ』は常夏ではなくて、四季を通じてという意味です。

富山の氷見市あたりに雨晴海岸というところがありますが、家持は越中赴任中ここから立山をよく眺めていたようです。
富山湾をはさんで見える立山はすばらしいものです。このあたりには高岡万葉歴史館などもあり、よく行きます。

写真は昨年写したものですが、海の向こうに立山連峰が見えます。

Tateyama

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

|

« 田子の浦に or 田子の浦ゆ ? | トップページ | 富士山(長歌) »

コメント

立山、名前だけで行ったことがありません。機会があれば伺いたいですね。

投稿: 豪腕プチリンコ | 2009年1月 6日 (火) 12時13分

>プチリンコさん、
ぜひ北陸の方へおいで下さい。
三名山のうちの二つがあります。

投稿: kazu | 2009年1月 6日 (火) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/43655595

この記事へのトラックバック一覧です: 立山:

« 田子の浦に or 田子の浦ゆ ? | トップページ | 富士山(長歌) »