« 梅の花:藤原家隆 | トップページ | 伊勢物語:第二十三段 »

2009年2月25日 (水)

ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭

今年もやってきました。
ラ・フォル・ジュルネとはフランスで始まった音楽祭で、クラシック音楽をその年の作曲家をテーマにとことん楽しもうといったもの。東京と金沢で毎年5月のゴールデンウィークに行われている。

今年のテーマは東京がバッハ、金沢がモーツァルト。

これは悩みます。なぜならバッハは私が一番好きな作曲家であり、次がモーツァルトなので非常に困るわけです。
今年はバッハとはじめは思っていたのですが、なんといっても東京。交通費と宿泊費はバカにならない。
金沢ならうちの近くの駅から190円でいけるので、結局はモーツァルトに決めました。^^;

そろそろ指定席の先行販売もはじまるようです。
クラシックはちょっと、という人でも絶対に楽しめる音楽祭です。
みなさんもいかがですか。

東京 http://www.lfj.jp/lfj_2009/
金沢 http://lfjk.jp/index.html

|

« 梅の花:藤原家隆 | トップページ | 伊勢物語:第二十三段 »

コメント

貴重な情報に感謝です。
有楽町の東京国際フォーラムですね。
むかし聖トーマス教会のマタイ受難曲を聴いたことがあります。
とても良かったのですが、ちょっと長すぎました(*^^)v
嬉しい“情報提供”に…、I’ll boost your rank up through my click.

投稿: Grayman2006 | 2009年2月26日 (木) 11時04分

どちらにも行きたいですねー。

投稿: 豪腕プチリンコ | 2009年2月26日 (木) 12時20分

>Graymanさんへ、
このコンサートはすべて45分間で、3日間で約300公演。国際フォーラム中心に丸の内、東京駅近辺では朝から晩まで音楽が聞こえているはずです。
絶対に楽しめます。

>プチリンコさんへ、
昨年は金沢でベートーヴェンに浸っていたのですが、1年前のブログをみたらやはりプチリンコさんのコメントが付いていました。長いお付き合いありがとうございます。

[1年前の記事]

ゴールデンウィークはクラシック

ラ・フォル・ジュルネ金沢

投稿: kazu | 2009年2月26日 (木) 12時51分

バッハよしモーツァルトよし予は特にヘンデル水上の曲を好めり 丹人

かつてパリを旅するに
ちひさな教会にて聞きたる
水上の曲の美しさ雄大さ
未だ忘れがたし

頓首

投稿: あかひと | 2009年2月26日 (木) 19時59分

>あかひと様、
パリの教会で「水上の音楽」とは最高ですね。
私は金沢の教会で「メサイヤ」を歌いましたが^^;

投稿: kazu | 2009年2月26日 (木) 21時33分

kazuさん、こんにちは。
ラ・フォル・ジュルネ、大変興味があります。

数年前に電車の中づり広告で知って、行ってみたいと思ったものの、そのままそれ以降(今まで)忘れ去っていました^^;

せっかくkazuさんに思い出させて頂いたので、ぷらりと足を運んでみようかなと思っています。

詳しくないクラシックですが、バッハもモーツァルトも嫌いではありません。

でもどちらかというと、私はkazuさんとは逆でモーツァルトの方が良かったかな^^

投稿: こころ | 2009年2月27日 (金) 20時24分

>こころさんへ、
では今年のゴールデンウィークはぜひ金沢へどうぞ。

投稿: kazu | 2009年2月27日 (金) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/44175979

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭:

« 梅の花:藤原家隆 | トップページ | 伊勢物語:第二十三段 »