« 徳田秋聲の朗読 | トップページ | 雪月花 »

2009年2月15日 (日)

伊勢物語朗読「第四段」

「月やあらぬ春や昔の春ならぬ 我が身ひとつはもとの身にして」

この和歌が出てくるところです。
梅の花が咲くころ、月をながめて愕然としている男です。

記事の方も参考にしてください。
http://wakaotazunete.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-fdf2.html

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ 人気ブログランキングへ

|

« 徳田秋聲の朗読 | トップページ | 雪月花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/44072282

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢物語朗読「第四段」:

« 徳田秋聲の朗読 | トップページ | 雪月花 »