« 身もこがれつつ | トップページ | 朗読のお誘い »

2009年2月 9日 (月)

伊勢物語朗読「第一段」

伊勢物語の出だしです。
伊勢物語は比較的簡単な古文で書かれており、ひとつひとつの話が短いので原文でも読みやすいと思います。くりかえし読んでいると不思議と意味がわかってきます。
内容は前の記事をご覧ください。

http://wakaotazunete.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-d346.html

朗読はいつものnorikoさんです。

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ 人気ブログランキングへ

|

« 身もこがれつつ | トップページ | 朗読のお誘い »

コメント

素晴らしい朗読です。
思わず聴き入ってしまいました!(^^)!

光源氏のモデルとされる源融の一首…、
みちのくのしのぶもぢずり誰(だれ)故(ゆえ)に乱れむと思ふ我ならなくに (古今和歌集)
和歌(やまとうた)の朗々とした風情に…、I’ll boost your rank up through my click.

投稿: Grayman Returns | 2009年2月 9日 (月) 20時51分

Grayman Returns さん
コメントありがとうございます。つたない朗読で、お恥かしいかぎりですが、これからも楽しみながら続けていきたいと思っています。こりずにお付き合いください。

投稿: noriko | 2009年2月 9日 (月) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/44009284

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢物語朗読「第一段」:

« 身もこがれつつ | トップページ | 朗読のお誘い »