« 伊勢物語:朗読 | トップページ | 伊勢物語:第一段 »

2009年2月 2日 (月)

伊勢物語:斎宮との恋

伊勢物語から在原業平の有名なスキャンダルをもう一つ。
業平が伊勢の斎宮と恋をしたという大事件です。斎宮といえば神に仕える身、男との関係などあってはならないことです。

斎宮が業平と会った翌朝に贈った歌(伊勢物語第六十九段より)

「君や来し我や行きけむ思ほえず 夢かうつつか寝てか覚めてか」 斎宮
“あなたがきたのか私が行ったのか、夢かうつつか、寝ていたのか覚めていたのか、私にはわかりません”

「かきくらす心の闇に惑ひにき 夢うつつとは今宵さだめよ」 業平
“心が乱れていて私もわかりませんでした 夢かうつつかは今宵みきわめてください”

かなり危険な恋なのですがこんな歌を女性から送られてはあきらめきれません。結局、また逢うことは出来なかったようですが、
この二首の和歌は古今集にも載っています。

この和歌をもとにしたイラストをいつもお世話になっているイラストレーターの“しまめぐみ”さんが書かれていますのでお借りします。

Yumeka

http://waka.or.tv/req/15.html

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ 人気ブログランキングへ

|

« 伊勢物語:朗読 | トップページ | 伊勢物語:第一段 »

コメント

今晩は、いつも有難う。

青蓮院は、ナイタ-で(各社寺も同じですが)、
拝観するほうが綺麗です。

しかし、社寺の様々な由緒など研究するには、
昼間訪れるのが、いいかと思います。

ちなみに青蓮院は、外国人の参拝の多い寺院です。

投稿: 京都のおっちゃん | 2009年2月 2日 (月) 17時52分

京都のおっちゃんさん、ありがとうございます。
またそちらの方へも遊びに行きます。

投稿: kazu | 2009年2月 2日 (月) 19時37分

素晴らしいイラストですね。

投稿: 豪腕プチリンコ | 2009年2月 2日 (月) 21時08分

>プチリンコさん、
うちの教室のパソコンのデスクトップはすべて“しまめぐみ”さんのイラストになっております。

投稿: kazu | 2009年2月 3日 (火) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/43934736

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢物語:斎宮との恋:

« 伊勢物語:朗読 | トップページ | 伊勢物語:第一段 »