« 花見 | トップページ | 花の色は »

2009年4月12日 (日)

ふりゆくものは

桜の和歌が続きます。

桜の歌は百人一首にもいくつかあります。
でも、なにか寂しい歌が多いですね。

「花さそふあらしの庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり」 入道前太政大臣
“春の嵐が桜の花を散らしているが、私も老いて散っていくのだ”

この歌は“はなさそふ”がいい雰囲気を出しています。
でも有名なのは忠臣蔵の“かぜさそふ・・・”のほうかもしれませんが。

写真は近所の桜並木、満開ですが誰も歩いていないというのが、なにかさびしい。

Sakura1

|

« 花見 | トップページ | 花の色は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/44647190

この記事へのトラックバック一覧です: ふりゆくものは:

« 花見 | トップページ | 花の色は »