« 伊勢物語「第九段」その二 | トップページ | 伊勢物語「第九段」その三 »

2009年5月19日 (火)

伊勢物語朗読「第九段」その二

行き行きて、駿河の国にいたりぬ。宇津の山にいたりて、わが入らむとする道は、いと暗う細きに、つた、かえでは茂り、物心ぼそく、すずろなるめを見ることと思ふに、修行者あひたり。
「かかるみちはいかでかいまする」、
といふを見れば見し人なりけり。京に、その人の御もとにとて、文書きてつく。

「駿河なる宇津の山べのうつつにも 夢にも人にあはぬなりけり」

富士の山を見れば、五月のつごもりに、雪いと白うふれり。

「時知らぬ山は富士の嶺いつとてか 鹿の子まだらに雪のふるらむ」

その山は、ここにたとへば、比叡の山を二十ばかり重ねあげたらむほどして、なりは塩尻のやうになむありける。

|

« 伊勢物語「第九段」その二 | トップページ | 伊勢物語「第九段」その三 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/45064388

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢物語朗読「第九段」その二:

« 伊勢物語「第九段」その二 | トップページ | 伊勢物語「第九段」その三 »