« かきつばた:伊勢物語「第九段」 | トップページ | 伊勢物語「第九段」その二 »

2009年5月13日 (水)

伊勢物語朗読「第九段」その一

第九段の初めの部分、「かきつばた」の歌を詠むところです。
原文を載せておきます。

----------

むかし、をとこありけり。そのをとこ、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、あづまの方にすむべきくにもとめにとてゆきけり。もとより友とする人、ひとりふたりしていきけり。道知れる人もなくて、まどひいきけり。

三河のくに、八橋といふ所にいたりぬ。そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つわたせるによりてなむ、八橋とはいひける。その沢のほとりの木のかげにおりゐて、乾飯くひけり。その沢にかきつばたいとおもしろくさきたり。

それを見て、ある人のいはく、かきつばたといふ五文字を句の上にすへて、旅の心をよめ、といひければよめる。

「から衣きつゝなれにしつましあれば はるばるきぬる旅をしぞ思ふ」

とよめりければ、みなひと、乾飯の上に涙おとしてほとびにけり。

|

« かきつばた:伊勢物語「第九段」 | トップページ | 伊勢物語「第九段」その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/44999946

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢物語朗読「第九段」その一:

« かきつばた:伊勢物語「第九段」 | トップページ | 伊勢物語「第九段」その二 »