« 伊勢物語「第九段」その三 | トップページ | 書展 »

2009年5月30日 (土)

伊勢物語朗読「第九段」その三

朗読

猶行き行きて、武蔵の国と下つ総の国との中にいと大きなる河あり。それをすみだ河といふ。
その河のほとりにむれゐて思ひやれば、限りなく遠くも来にけるかなとわびあへるに、渡守、
「はや舟に乗れ、日も暮れぬ」といふに、乗りて渡らむとするに、皆人物わびしくて、京に思ふ人なきにしもあらず。
さる折しも、白き鳥の嘴と脚と赤き、鴫の大きさなる、水の上に遊びつつ魚をくふ。京には見えぬ鳥なれば、皆人見知らず。
渡守に問ひければ、「これなむ都鳥」といふをききて、

 

「名にし負はばいざこととはむ都鳥 わが思ふ人はありやなしやと」

 

とよめりければ、舟こぞりて泣きにけり。

|

« 伊勢物語「第九段」その三 | トップページ | 書展 »

コメント

ここのとこ、大好きです。

いいですねえ~

伊勢の中では一番好きなとこかな。

投稿: gatayan | 2009年5月30日 (土) 21時27分

gatayanさん、ありがとうございます。

このあたり私も好きなところです。
はるばるきた、という感じがしますね。

投稿: kazu | 2009年5月31日 (日) 07時57分

素敵ですね

投稿: nao | 2009年6月25日 (木) 14時20分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢物語朗読「第九段」その三:

« 伊勢物語「第九段」その三 | トップページ | 書展 »