« 梅雨 | トップページ | 雨 »

2009年6月16日 (火)

ホトトギス

和歌にはホトトギスがよく出てきます。

百人一首にも

「ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる」 後徳大寺左大臣

後徳大寺左大臣とは藤原実定(さねさだ)のことで、平清盛の全盛期から平家の衰退までを眼前でみとどけてきたはずです。

ほととぎすの鳴く方を見てみると、ただ有明の月だけが残っている。有明の月とは夜が明けても残っているうすぼんやりした月です。
というなんてこともない情景なのですが、この月に落ちぶれた平家のことも重ねているとしたら、なにか感慨深いですね。

ところでホトトギスの鳴き声ってどんなだっけと思って調べてみると、今はインターネットで簡単に聞けます。
http://www9.big.or.jp/~mishii/bird/hototogisu.html

そういえばこんな鳥の声よくききますね。「トッキョキョカキョク」とも聞こえます。
この声を聞くために朝まで待ったのかー、おすすめの和歌にも載せてありますが、紫式部も片岡の森で朝まで待っていたんですね。

|

« 梅雨 | トップページ | 雨 »

コメント

和歌のことを知りたくてインターネットを開けると、ホトトギスの鳴き声が聞こえて感動しています。(優しさが心に残ります。)有り難うございました。ハイキングで時々山にも入りますが分かりますのは、うぐいすだけ 鳥のことも分かりませんし、耳も遠いので聞くのは得意ではありません。 (゚ー゚) sun

投稿: タンポポです。 | 2009年7月 1日 (水) 16時49分

タンポポさん、コメントありがとうございます。
専門的な知識はありませんが、気軽に和歌を楽しんでおります。
最近は更新が少なくなっておりますが、少しずつ書いておりますのでよかったらまたお付き合いください。

投稿: kazu | 2009年7月 1日 (水) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/45356183

この記事へのトラックバック一覧です: ホトトギス:

« 梅雨 | トップページ | 雨 »