« 伊勢物語「第十段」 | トップページ | 伊勢物語「第九十五段」:彦星 »

2009年7月12日 (日)

天の海

夏の夜空を見上げていると、満天の星に三日月が浮かんでいる。
月を船に、雲を波に、星を林に見立てた雄大な歌です。

「天(あめ)の海に雲の波立ち月の船 星の林に漕ぎ隠る見ゆ」 柿本人麻呂、万葉集

この歌を元にイラストレーターの“しまめぐみ”さんがすばらしい絵を書いています。
うちのパソコン教室の壁紙はすべてこの絵になっております。

Na_ame

http://waka.or.tv/utae/natu1.html

和歌とイラストのすばらしいサイトです。
和歌の総角(あげまき) http://waka.or.tv/

|

« 伊勢物語「第十段」 | トップページ | 伊勢物語「第九十五段」:彦星 »

コメント

こんばんは。この歌、本当にステキですね。
柿本人麻呂さんの歌は、雄大でロマンたっぷり!!
私、大好きです。
また紹介してくださいね。リクエスト?!

投稿: ☆サファイア | 2009年7月29日 (水) 23時04分

☆サファイヤさん、ありがとうございます。
万葉集らしい雄大ないい歌ですよね。また紹介します。

投稿: kazu | 2009年7月30日 (木) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/45606653

この記事へのトラックバック一覧です: 天の海:

« 伊勢物語「第十段」 | トップページ | 伊勢物語「第九十五段」:彦星 »