« 伊勢物語「第九十五段」:彦星 | トップページ | 夏の夜は »

2009年7月19日 (日)

万葉集に鰻

今日7月19日は土用の丑の日、全国的に鰻が売れる日です。

私も鰻が大好きで、今日の夕食は鰻かな?と期待しているのですが、うちで鰻が好きなのは私だけなので・・・

ところで日本人はいつごろから鰻を食べていたのかと思っていたら、今朝の新聞に万葉集の記事が載っていました。

なんと大伴家持が万葉集に鰻の歌を載せていたのです。

「石麻呂(いわまろ)に我物申す夏痩せに 良しといふものぞ鰻(むなぎ)捕り喫(め)せ」

石麻呂くんは、どうも夏痩せの体質だったらしく、鰻でも食って元気をつけろという歌です。

万葉の時代から夏バテには鰻だったようですね。ちょっとビックリ。

|

« 伊勢物語「第九十五段」:彦星 | トップページ | 夏の夜は »

コメント

反対に家持はどうだったんでしょうね。
結構なセレブの筈ですから、案外・・・
・・・メタボだったかもね。

投稿: gatayan | 2009年7月19日 (日) 21時29分

>gatayanさん、
家持の赴任地は越中の高岡あたりですからねぇ。
氷見も近いし、かなりいいもの食べてたかもしれませんね。

投稿: kazu | 2009年7月20日 (月) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/45674048

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉集に鰻:

« 伊勢物語「第九十五段」:彦星 | トップページ | 夏の夜は »