« 後鳥羽院:もの思ふ身は | トップページ | 順徳院:ももしきや »

2009年8月30日 (日)

能:悪尉(あくじょう)の面

金沢能楽美術館へ行ってきました。
目的は悪尉(あくじょう)の面(沫吹の面)を見るため。

この面は偶然漁師が海から引き揚げたもので、謡をうたい、口から沫を吹き、不思議なことが続いたので前田の殿様に献上した。その後前田家でも異変が次々起こったので尾山神社へ奉納した。
神社でもこの面を外へ出すと“一天俄かにかき曇る”というので、門外不出として一切公開していない。

そしてこの面が初めて外へ出された。どうも最近天候が妖しいのはこのせいか!

実際目にしてみるとさすがにすごい迫力です。
沫は吹いていませんでしたが、なにか起こりそうな予感が・・・

他にも尾山神社に伝わる能面十数面が展示してあります。こうしてみると能面というのはなかなか興味深いものです。

能楽美術館には他にも色々な展示があります。入館料も300円とお得ですので一度行ってみてはいかがですか。

金沢能楽美術館http://www.kanazawa-noh-museum.gr.jp/

写真は尾山神社のホームページより

Akujyou

|

« 後鳥羽院:もの思ふ身は | トップページ | 順徳院:ももしきや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/46067529

この記事へのトラックバック一覧です: 能:悪尉(あくじょう)の面:

« 後鳥羽院:もの思ふ身は | トップページ | 順徳院:ももしきや »