« 伊勢物語「第百七段」:代筆 | トップページ | 伊勢物語「第百一段」:その場の空気が・・・ »

2009年10月16日 (金)

伊勢物語朗読「第百七段」

 昔、あてなる男ありけり。その男のもとなりける人を、内記にありける藤原の敏行といふ人よばひけり、 されど若ければ、文もをさをさしからず、ことばもいひ知らず、 いはむや歌はよまざりければ、かのあるじなる人、案を書きて、書かせてやりけり。めでまどひにけり。 さて男のよめる、

  つれづれのながめにまさる涙河 袖のみひぢて逢ふよしもなし

返し、例の男、女にかはりて、

  あさみこそ袖はひづらめ涙河 身さへながると聞かばたのまむ

といへりければ、男いといとうめでて今までまきて文箱に入れてありとなむいふなる。
男文おこせたり。えてのちの事なりけり。「雨の降りぬべきになむ見わづらひ侍る。身さいはひあらばこの雨は降らじ」といへりければ、例の男、女にかはりてよみてやらす。

  かずかずに思ひ思はずとひがたみ 身をしる雨はふりぞまされる

とよみてやれりければ、蓑も笠もとりあへでしとどに濡れてまどひ来にけり。

|

« 伊勢物語「第百七段」:代筆 | トップページ | 伊勢物語「第百一段」:その場の空気が・・・ »

コメント

こんにちは。

昔何回も友人の恋文を代筆してやった事があります。

もっとも私は字が下手で自信がありませんから口述筆記をさせました。

それぞれどんな結果になったのかは定かではありませんがふとそんな事を思い出しました。

投稿: 小愚 | 2009年10月16日 (金) 17時00分

小愚さん、ありがとうございます。
代筆ですか、ほんとにしたことがあるとは驚きました。
他人のことなので冷静に書けるかもしれませんね。

伊勢物語の朗読、時々しておりますのでよかったら聞いてやってください。

投稿: kazu | 2009年10月16日 (金) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/46498428

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢物語朗読「第百七段」:

« 伊勢物語「第百七段」:代筆 | トップページ | 伊勢物語「第百一段」:その場の空気が・・・ »