« お知らせ | トップページ | キリ番:55555 »

2009年10月 3日 (土)

中秋の名月:西行

今日の金沢の中秋の名月は雲の合い間からきれいな月が見えるというなかなか風情のある月夜となりました。
百人一首から月を見て涙を流す西行の歌です。

「なげけとて月やはものを思はする かこち顔なるわが涙かな」 西行
"月は私を悲しませようとする いや悲しみを月にかこつけているのは私の涙なのだ”

「かこち顔」というのは涙を月のせいにしているという意味なのでしょうが、なにか訳しにくい歌です。
定家が百人一首にこの歌を選んだのはなにか意味があるのでしょうが、諸説にあるように私もなぜこの歌を選んだのかは疑問です。

流罪になった崇徳院に北面の武士として仕えていた西行の思い出もあったのでしょうか、この歌の西行の涙には複雑な思いがあったのかもしれません。

|

« お知らせ | トップページ | キリ番:55555 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/46384058

この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月:西行:

« お知らせ | トップページ | キリ番:55555 »