« 伊勢物語朗読「第百七段」 | トップページ | 文屋康秀:秋の草木のしをるれば »

2009年10月17日 (土)

伊勢物語「第百一段」:その場の空気が・・・

前に紹介した中納言行平(在原行平)も、伊勢物語に登場します。

第百一段は行平さんの家でのお話です。

行平さんの家においしい酒があるということで、藤原良近(まさちか)というお役人を招待して宴会を開くことになりました。なんといってもこの時代に絶大なる力をもっている藤原氏です。
集まった人たちはなんとかこのお役人にきにいられて出世でもできないかと必死です。

花瓶には一メートル以上もあるるようなりっぱな藤の花が差してあります。なんといっても藤原氏ですから。

そこに現れたのが行平さんの弟、ご存じ在原業平。役人はこの和歌の名人に歌を読めといいます。
日頃から藤原氏にはいい感情を持っていない業平さんは、かたくなにこばみます。
「私なんか歌の読み方もしりませんので・・・」

それでも無理やり読めというので

「咲く花の下にかくるる人を多み ありしにまさる藤のかげかも」

という歌を読みました。

“咲く花のしたにお世話になっている人が多くいるので 今よりもまして藤の花かげがますます大きく見えます。”
という意味ですが、“ありし”は在原にかけているともてれるし、なにかイヤミったらしく聞こえます。

そこにいた人が、どうしてそう詠んだのかと聞くと、「藤原氏がますます栄えるようにと読んだのですよ」と業平さんは、しらじらしく答えましたが、
どうも気まずい空気が流れたようで一同シーンとなってしまい、これ以上歌の話題にはだれも触れませんでした。

その後の宴会はどうなったのかは書いてありませんが、藤原氏の役人もしてやられたという感じで業平さんはさすがに一枚上手だったようです。

|

« 伊勢物語朗読「第百七段」 | トップページ | 文屋康秀:秋の草木のしをるれば »

コメント

コメント並びにトラックバック有難うございました。
私のブログでも間もなく国風文化を取り上げることになりますので、よろしくお願いします。

投稿: 黒田裕樹 | 2009年10月18日 (日) 09時24分

黒田さんのブログ、楽しみにしております。

黒田さんのブログ記事
http://rocky96.blog10.fc2.com/blog-entry-255.html

投稿: kazu | 2009年10月18日 (日) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/46509099

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢物語「第百一段」:その場の空気が・・・:

« 伊勢物語朗読「第百七段」 | トップページ | 文屋康秀:秋の草木のしをるれば »