« 文屋康秀:秋の草木のしをるれば | トップページ | ウインドウズ7 »

2009年11月 1日 (日)

大江千里:月見れば

秋の月はきれいでいいですね。でもなぜか物悲しくなります。

「月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど」 大江千里(おおえのちさと)

“月を見ているといろいろなことが次々と思いだされ悲しくなってきます。私一人だけが見ているわけではないのですが・・・”

“ちぢに”は“千々に”ですから、様々なことが思い出されたのでしょうね。
千里の叔父さんは例の在原業平さんです。
百人一首はつながっている人が多いですね。

りっぱな家系ですから生活には困らなかったと思いますがそれなりに悩みはあったのかもしれません。

大江千里の歌には源氏物語に出てくる有名な朧月夜の歌がありますね。
月を歌わせたら他に並ぶ人はいません。と、私は思います。

|

« 文屋康秀:秋の草木のしをるれば | トップページ | ウインドウズ7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/46639984

この記事へのトラックバック一覧です: 大江千里:月見れば:

« 文屋康秀:秋の草木のしをるれば | トップページ | ウインドウズ7 »