« 兼六園ライトアップ | トップページ | 初雪 »

2009年12月10日 (木)

良暹法師:いづこも同じ秋の夕暮

秋も深まりそろそろ冬の便りも聞こえてきました。
こちら金沢では来週あたりから雪の予報が出ています。

こんな時節、ひとりで家の中にいるとたまらなく寂しくなることってありませんか?
この良暹法師(りょうぜんほうし)もそんな思いだったのでしょう。

「寂しさに宿を立ち出でて眺むれば いづこも同じ秋の夕暮」
“たまらなく寂いしいので庵を飛び出して外を見てみた。しかしどこを見ても寂しい秋の夕暮だった”

秋の夕暮で終わる歌は新古今の三夕の歌を始めとして多いのですが、百人一首のこの歌も寂しくて好きな歌の一つです。
師走に入ってあわただしくなりましたが、時々は寂しさを味わってみる余裕を持ちたいですね。
と、思っているのですが・・・

|

« 兼六園ライトアップ | トップページ | 初雪 »

コメント

いやあ~
わたしなんか、一人になる時間がなくてねえ・・・
寂しくなっている時間がないんですよ。

たまには・・・寂しさに・・・なんて言ってみたいですよ。

投稿: 三友亭主人gatayan | 2009年12月10日 (木) 21時34分

gatayanさん、
ブログの中だけでも静寂な和歌の世界に浸りたいですね。

投稿: kazu | 2009年12月10日 (木) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/46986679

この記事へのトラックバック一覧です: 良暹法師:いづこも同じ秋の夕暮:

« 兼六園ライトアップ | トップページ | 初雪 »