« 初雪 | トップページ | 今年も »

2009年12月20日 (日)

大雪

「袖うち払う陰もなし」という日が続いています。
ここのところ暖冬でほとんど雪の降らない年が続いていたのでひさしぶりに厳しい冬です。

「駒とめて袖うち払う陰もなし 佐野のわたりの雪の夕暮」 藤原定家

この歌で馬に乗っているのは誰か?源氏物語の薫か匂宮を連想してしまいますが、逢いたいという気持ちがそうさせるのでしょうね。

こんなに寒くては私なんかはどこへも出る気がしませんが・・・

|

« 初雪 | トップページ | 今年も »

コメント

この歌の本歌の長奥麻呂の
苦しくも降り来る雨か・・・
が「情」とすれば、
この定家の歌はまさしく「景」

美しい大和絵を見ているような・・・
少なくと写真じゃあないですよね

投稿: 三友亭主人gatayan | 2009年12月21日 (月) 21時30分

本歌はこれですね。
「苦しくも降り来る雨か神の崎 狭野の渡りに家もあらなくに」

「情」と「景」ですか、なるほど。
さすがgatayanさん。

投稿: kazu | 2009年12月22日 (火) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/47069756

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪:

« 初雪 | トップページ | 今年も »