« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

春の夜の夢

「春の夜の夢の浮橋とだえして 峰に別るる横雲の空」 藤原定家

この歌が大好きで、春になるとこの歌をブログに載せています。

長い長い源氏物語を読み終えて、光源氏の栄華や、浮舟の恋もすべてはかない夢、嶺にかかる雲が流れるように消え去ってゆく。春の夜の夢が覚めるように・・・

「春の夜の夢」と源氏物語の最終帖「夢の浮橋」がオーバーラップしています。技巧的すぎるという批評もあるようですが、私はこの定家の歌が大好きです。

サイドバーにも載せましたが、毎月気に入った歌を選んで載せていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

花見

昨日はいい天気で、桜も満開、兼六園へ花見に行ってきました。
そして今日は町内会の花見の予定だったが、雨と風であっという間に桜は散り始めます。
桜は散ります。昨日一日だけの花見でした。

「さくら花ちりぬる風のなごりには 水なきそらに浪ぞたちける」紀貫之、古今集

この歌は前にも一度紹介しましたが私の好きな歌で、散る桜はこの歌です。

Sakura1_2

Sakura2_2

Sakura3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

春の心は

金沢のほうもいよいよ桜が咲き始めました。
伊勢物語の主人公の在原業平さんの歌です。

「世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」 在原業平
“世の中に桜というものがなかったら、春の心はもっとのどかだったろうになぁ”

桜が咲けば皆ウキウキして花見だ、宴会だ、となるのですが、天気も心配だし、雨が降れば花がおちないかとか風が吹かないかとか、いろいろ心配ごとも多くなります。

私も今度の週末は同窓会の花見の会で幹事だし、翌日は町内会の花見宴会だし、うれしいような、落ち着かないような・・・

ほんとに桜がなかったら春はもっとのどかだったかもしれませんねー。
でも兼六園のライトアップもいきたいしなー・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »