« 伊勢物語第四十一段 | トップページ | 奈良紀行その二 »

2010年6月 3日 (木)

奈良紀行その一

平城京遷都千三百年の記念の年ということで奈良を訪ねてきました。あらためて奈良の歴史に感嘆した旅となりました。

まずはメインの平城宮跡へ、大極殿も復元されていてみごとなものです。

「あをによし奈良の都にたなびける 天の白雲見れど飽かぬかも」 作者未詳

すばらしい天候にも恵まれ朱雀門や大極殿の上にまさにこの歌のような白雲が浮かんでいました。

その後は奈良国立博物館での「大遣唐使展」。
吉備真備や阿倍仲麻呂の唐への旅、鑑真の招聘、唐から伝わった仏像等、見どころ満載の展示でした。なかでも唐の仏像と並んで展示されていた薬師寺の聖観音菩薩立像は素晴らしいものでした。

「天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも」 阿倍仲麻呂

唐から帰ることがかなわなかった仲麻呂。さぞ無念だったでしょう。

写真は復元された大極殿です。

Daigokuden

|

« 伊勢物語第四十一段 | トップページ | 奈良紀行その二 »

コメント

へえ・・・

いらっしゃっていたんですか。

ひと言お言葉があったんなら・・・

いかがでした。

ところで、サイトを大分入れ替えました。

虚見津http://soramitu.net/miwa/

三友亭日記改め三友亭雑記http://www4.atword.jp/sanpendo/

投稿: 三友亭主人 | 2010年6月 3日 (木) 21時51分

お早うございますsun
私も4月に「大遣唐使展」bus
http://nmzk.blog.so-net.ne.jp/2010-04-22

先日は平城宮跡へ行きましたtrain
http://nmzk.blog.so-net.ne.jp/2010-06-02

この処、奈良に夢中ですhappy01

投稿: nmzk | 2010年6月 4日 (金) 08時00分

gatayanさん、ではなくて三友亭主人さんですか。
コメントありがとうございます。

今回は奈良県のイベントにすっかりはまってしまった感じでして、もっと奈良の奥深い歴史を訪ねるときはぜひ、お知恵を拝借したいと思っております。その時はよろしくお願いします。

今回はあと明日香村と西の京をまわってきましたので報告しますね。せんとくんにもあってきました^^;

ブログ変わりましたね。リンクも変更しておきます。

投稿: kazu | 2010年6月 4日 (金) 09時35分

>nmzkさん、おひさしぶりです。
私も奈良にはまりました。
まだまだ行くところがありますが、せんとくんフィーバーが少しおさまってからのほうがいいかもしれませんね。

投稿: kazu | 2010年6月 4日 (金) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/48527392

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良紀行その一:

« 伊勢物語第四十一段 | トップページ | 奈良紀行その二 »