« 奈良紀行その一 | トップページ | 奈良紀行その三 »

2010年6月 4日 (金)

奈良紀行その二

奈良二日目は、明日香村。

犬養万葉記念館
 ↓
奈良県立万葉文化館(平山郁夫展)
 ↓
飛鳥資料館(キトラ古墳壁画公開)

日曜日だったのもあってすごい人出。特にキトラ古墳の壁画は30分待ちという状態でした。
しかし見応えはありました。
白虎・玄武・青龍・朱雀の四神がすべて見られるというのはなかなかないらしく貴重なものを見ることが出来ました。
これが実物かぁ~と思っただけでなにか感動してしまいます。

平山郁夫展もこれだけ一度にならんだのを見たのは初めてでみごとでした。ショップコーナーで平山郁夫の絵ハガキでも買おうかとブラブラしていたら、前にいたおばさんが100万円以上もする絵を買っていった!
唖然として絵葉書を買うのを忘れてしまいました^^;

このすごい人出の中、犬養万葉記念館だけは入場者が数人、待ち時間なしで入れました^^。
落ち着いた館内で犬養先生の万葉集の朗唱を聞いていると万葉集っていいなぁと思います。
明日香村の中では私はここが一番おのお気に入りです。

入口には
「萬葉は青春のいのち」 犬養先生の言葉が石碑に刻まれています。

中庭には
「山吹の立ちよそひたる山清水 汲みに行かめど道の知らなく」 高市皇子
の碑が。

この歌はなかなか奥深い歌で、
十市皇女(とをちのひめみこ) を亡くした高市皇子(たけちのみこ)が、死者が生き返るという黄泉(よみ)の清水を汲みに行こうと思ったが道を知らないので行くことが出来ない、という悲しい歌です。

この碑は犬養先生を追悼してこの記念館に建てられたそうです。

Inukai1 
「萬葉は青春のいのち」

Inukai2
「山吹の立ちよそひたる山清水 汲みに行かめど道の知らなく」

|

« 奈良紀行その一 | トップページ | 奈良紀行その三 »

コメント

飛鳥資料館ですか・・・
まだいってないなあ・・・

最近やっと熱が冷めて空いてきたって聞くのでそろそろ行ってみようかと思ってるんですけどね。

車で10分も走れば行けるところなのに、いつでも行けると思うと・・・ついつい・・・

投稿: | 2010年6月 6日 (日) 08時28分

あの壁画を見てから、朱雀とか玄武とかがいろんなところで目につきます。
韓国ドラマはあんまり見ないのですが、ヨン様の大王四神記でもみてみようかな。

ところでコメントを書いてくださったのは三友亭主人さんですよね。

投稿: kazu | 2010年6月 6日 (日) 09時21分

すみませんでした。
署名・・・忘れちゃいました。(*´v゚*)ゞ

お察しの通りです。

投稿: 三友亭主人 | 2010年6月 6日 (日) 10時36分

こんばんは
遷都1300年の奈良にいらしたんですね!いいなぁ!
お写真、どれもすばらしいです。

「山吹の立ちよそひたる山清水 汲みに行かめど道の知らなく」とてもいい歌ですね。教えていただき嬉しいです。明日香村へは一度ゆきましたが、飛鳥資料館は行ったことがありません。薬師寺の東塔もステキです!
あおによし奈良の都にたなびける~、お写真にぴったりです。ありがとうございます。

投稿: ☆サファイア | 2010年6月 9日 (水) 18時32分

☆サファイヤさん、ありがとうございます。
今回の奈良は天候に恵まれていい旅ができました。

奈良にはすばらしい和歌がいたるところにあり大好きな場所です。

投稿: kazu | 2010年6月 9日 (水) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/48542879

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良紀行その二:

« 奈良紀行その一 | トップページ | 奈良紀行その三 »