« 浜木綿 | トップページ | 夏と秋 »

2010年8月15日 (日)

夢かうつつか

今年の夏は猛暑でさすがにバテ気味です。
少し余裕があったので映画を観てきました。「インセプション」
レオナルド・ディカプリオと渡辺謙が主役、人の夢の中へ入り込んでスパイ活動をするという設定。
これは夢なのか現実なのか、さいごまで息をつかせないすごい映画でした。

「君や来し我や行きけむおもほえず 夢かうつつか寝てか覚めてか」 古今集

“君が来たのか、私が行ったのか、昨夜のことは夢なのか現実なのか?”
伊勢物語の中で斎宮が業平に送った歌。

まさに、夢かうつつか?「インセプション」楽しめました。

|

« 浜木綿 | トップページ | 夏と秋 »

コメント

この歌、好きなんですよね。
幻想的っていうか、何というか・・・

でも・・・齋宮に手を出すってのはちょいとまずいですよね。

業平さんも本当にお好きなんだから・・・

投稿: 三友亭主人 | 2010年8月16日 (月) 19時07分

三夕亭主人さん、コメントありがとうございます。
業平さんもまずいですが、斎宮のほうもあなたが来たのか私がいったのか?なんていってるということは案外おおらかな時代だったのかも・・・

投稿: kazu | 2010年8月16日 (月) 19時38分

こんばんは

「インセプション」ご覧になったんですね!私も見に行きましたよ。夢かうつつかを判断する小さなコマのようなものを映画でもっていましたね。着想が面白い知的な映画でしたね。ただ心に響くという点ではどうでしょうか?

この歌、いいですね!けれど、業平さんは本当に困ったちゃんですね。斎宮にもね。まあ、いいか、生あるうちに楽しめ乙女 ←この引用なんかおかしいですね、間違っているみたい(笑) 

投稿: ☆サファイア | 2010年8月18日 (水) 22時58分

サファイヤさん、コメントありがとうございます。
インセプション、ちょっとありえない設定ですが、そこが映画の面白さでしょうか、
最後のシーンで回っているトーテム、あれは回りつづけるのか止まるのか?
あんまりいうとネタバレになるのでやめときますが、・・・考えてしまいます。

投稿: kazu | 2010年8月19日 (木) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/49153481

この記事へのトラックバック一覧です: 夢かうつつか:

« 浜木綿 | トップページ | 夏と秋 »