« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

金沢風情

これまでこのブログで紹介してきた。金沢の風情を撮った写真をアルバムにしました。
四季折々の兼六園が中心です。

アルバム:金沢風情

写真が撮れたらまた増やしていくつもりです。
サイドバーにもリンクがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

夏の雨

梅雨の真っただ中、気温も30度を超え、節電もしないと、ということで先の思いやられる今年の夏ですが、被災地の方もっときびしい環境だろうと思うと、あまいことは言ってられませんね。

こんなうっとおしい季節でも昔はエアコンもないのに、結構優雅に過ごしていたんですね。
源氏物語から夏の雨の場面です。

光源氏は例の頭中将と、雨もふるので屋敷の中で一杯やりながら、音楽を聴いたり、昔の本を読んだり、といってもちょっと音楽を聴くとか言っても都中の奏者が集まってきたり、本を読むとか言っても一流の学者が集まってくるのですから、われわれが本を読んだりCDを聞いていたりするのとは訳が違うのですが・・・

 

「時ならで今朝咲く花は夏の雨に しをれにけらしにほうほどなく」 光源氏

“季節はずれに今朝咲いた花は夏の雨に打たれて 美しく匂う間もなく私のようにしおれてしまいました”

と、自分ももう年を取ってしまったなどと言います。が、光源氏はまだ25才、だれもがこれ以上美しい人はいないと思っているのですから、イヤミに聞こえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

インターネットラジオ

たまには音楽の話題です。

インターネットラジオというのをご存知でしょうか?
インターネットにつながっているパソコンですきなラジオ番組がいつでも聴くことができるというものです。

私は仕事上パソコンに向かっている時間が多いので、結構聴いています。というかいつも鳴っています。インターネットで音楽を聴けるサイトは世界中にたくさんあります。iTunesを使っている人はラジオというボタンをクリックすると各ジャンルのサイトがいっぱい出てきますね。

Itunes

私がおすすめするのはどちらも日本のサイトでクラッシクとジャスの専門サイトです。音質もいいですし、すてきな選曲で癒されます。

まずはクラシック専門のOTTAVAというサイト。クラシック音楽に興味がない人でも聞きやすく選曲されています。
http://ottava.jp/

Ottava

もうひとつはジャズ専門のJJazz.Net。これもいいです。最近はジャズを聴くことが多いのでこっちをよく聴いています。
http://www.jjazz.net/

Jjazz

聞き方は簡単です。好きな番組を選んでクリックするだけ。
最初に簡単な登録をしなければなりませんが、無料です。
ぜひ聴いてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

うちの裏の川の方がいやに騒がしいので、窓から見ているとツバメの子がさかんにピィピィと鳴いています。
巣立ちはしたもののまだエサは親からもらっているようです。親鳥が何度も餌を運んでくるので写真を撮ってみました。

ツバメを題材にした和歌は少ないのですが大伴家持の歌があります。

「燕来る時になりぬと雁がねは 国偲ひつつ雲隠り鳴く」 大伴家持

(つばめくる ときになりぬと かりがねは くにしのひつつ くもがくりなく)

“燕がくる季節になった、雁は故郷を思って雲の中を帰ってゆくのだなぁ”

Tsubame_3

うちの裏の川にはいろんな鳥がいます。
カルガモと左の一回り小さいのはバンという鳥。

Ban_2

これからカルガモの子供が生まれるとますますにぎやかになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

羽衣

先日の薪能(たきぎのう)の演目は「羽衣」でした。

内容は有名な三保の松原の羽衣伝説をもとにしたものです。
初めの方に万葉集の次の和歌が読まれます。

「風早(かざはや)の三穂の浦廻(うらわ)をこぐ船の 舟人騒く波立つらしも」 高市黒人(たけちのくろひと)

“風が早い三穂の浦を漕いでいる船で 舟人が騒いでいる 沖では波が立ちはじめたようだ”
雄大ないい歌ですね。

能の内容は・・・

三保の松原で漁師が松の木にかけてあるきれいな衣を見つけて持ち帰ろうとします。
そこに天女が現れてそれはわたしの衣なので返してほしいと言う。
漁師は初めは断るが天女があまりに悲しむので返すことにするが、そのかわり天女に舞を見せろと言う。
天女は漁師に舞を見せ天に帰ってゆく。

というお話です。この漁師、相手が天女なのにすなおに羽衣を返さないし、舞をみせろとか、返したらそのまま天に帰ってしまうんじゃないか、とか疑り深いし、あまりいい性格ではなさそうです。
天女がちょっとかわいそう。私だったらすぐに返してあげます・・・たぶん^^;

Hagoromo

かなり遠くからとったのでボケてしまいましたが、左にいるのが天女、右が羽衣を持った漁師です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

百万石まつり

6月3日~5日は金沢市最大のイベント「百万石まつり」があり、
大名行列や夜は兼六園・金沢城のライトアップ、薪能などが開催されました。

何年かぶりでゆっくりと見てきました。

夜のライトアップはカキツバタや友禅流しをあしらった灯篭などが幻想的。金沢城をバックに演じられた薪能「羽衣」も見事でした、でもライトが華やかでちょっと派手かな。

4

Photo

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »