« 秋風の | トップページ | 落ち葉 »

2011年10月16日 (日)

兼六園の秋

気持ちの良い天気だったのでひさしぶりに兼六園に寄ってみました。
紅葉もまだ、花もほとんど咲いていないのですが、落ち着いたいい風情でした。

「跡もなき庭の浅茅にむすぼほれ 露の底なる松虫のこゑ」 式子内親王(しょくしないしんのう)
(あともなきにわのあさじにむすぼほれ つゆのそこなるまつむしのこえ)

「人気のない荒れた庭、生い茂っている草の露の下では松虫のなく声が・・・」

新古今集から式子内親王の和歌です。情景を詠んだだけなのですが、すばらしい表現ですね。

Kenrokuen1


Kenrokuen2

萩の花が少しだけ咲いていました。

Kenrokuen3


|

« 秋風の | トップページ | 落ち葉 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兼六園の秋:

« 秋風の | トップページ | 落ち葉 »