« 兼六園の秋 | トップページ | ちはやふる »

2011年10月29日 (土)

落ち葉

今日もさわやかな天気で自転車通勤。といっても5分くらいで着いてしまうのですが、その途中の散歩道はなかなか風情があります。

Kouyou

和歌は古今集からよみ人しらずです。

「秋は来ぬ紅葉は宿に降りしきぬ 道踏み分けて訪ふ人はなし」 よみ人しらず

(あきはきぬもみじはやどにふりしきぬ みちふみわけてとふひとはなし)

訳す必要はないでしょうが、落ち葉を踏み分けて来る人はないという、さびしい風景をうたっています。

うちの近所の散歩道もほとんど人が通らないさびしいところです。
でも四季おりおりに風情があり,ちなみに桜の散るころはこんな感じでした。

Sakura


|

« 兼六園の秋 | トップページ | ちはやふる »

コメント

こんにちは。

素敵な散歩道ですね。

私の家は後が直ぐ山なので、秋になると落ち葉の処理が大変です。処理しないと、落ち葉で家が埋まってしまいそうです。

でも、春には山藤の花などが落ちて来て、風情があります。

投稿: 総務工房 | 2011年10月31日 (月) 09時58分

総務工房さんのところは落ち葉を優雅に眺めている余裕はないかもしれませんね。でも落ち葉でヤキイモなんかできるのかな。

投稿: kazu | 2011年10月31日 (月) 11時19分

“ちはやぶる…  からくれないに…” 趣が いっすね~

          紅葉
1 秋の夕日に照る山紅葉 濃いも薄いもかずある中に
  松をいろどる楓や蔦は 山のふもとの裾模樣 ~ ♬

2 溪の流に散り浮く紅葉 波にゆられて離れて寄つて
  赤や黄色の色さまざまに 水の上にも織る錦 ~ ♬

              作詞 高野辰之 作曲 岡野貞一
  (信州中野・旧豊田村出身の高野辰之が信越本線・碓氷峠の
   熊ノ平駅から眺めた紅葉の美しさを詠ったのだそうです)

投稿: roku | 2011年11月25日 (金) 17時53分

この歌は信州の山でしたか、知りませんでした。

投稿: kazu | 2011年11月25日 (金) 18時02分

kazuさま kazuある中に今年の山はなぜかとても綺麗です。

唱歌 紅葉
http://www.youtube.com/watch?v=sgReQpLeSx8

投稿: roku | 2011年11月26日 (土) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/53109045

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち葉:

« 兼六園の秋 | トップページ | ちはやふる »