« 落ち葉 | トップページ | 酒は静かに »

2011年11月10日 (木)

ちはやふる

競技かるたを題材にしたアニメ「ちはやふる」というのが人気らしいです。Gyaoでも何話か見られるので見てみましたが少女マンガが原作にしては結構面白い。おじさんが見ても楽しめます。
百人一首や平安時代好きな女子を雅美女というようですが、カルタ好きな女子は「かるたガール」とでもいうのでしょうか?そういえば最近「囲碁ガール」というのが急増しているらしいのですが、私の周りでは残念ながら囲碁オヤジしか見かけませんね・・・

おっと、いつのまにか話が囲碁ガールにいってしまいましたが今日の和歌は「ちはやふる」でした。

普通は「ちはやぶる」といいますが、このアニメでは「ちはやふる」です。

「ちはやぶる神代もきかず龍田川 からくれなゐに水くくるとは」
在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)
(ちはやぶる かみよもきかず たつたがは からくれないに みずくくるとは)

百人一首の在原業平の歌ですが、ちょっと意味はややこしいですね。
『ちはやぶる』は神代にかかる枕詞。『からくれない』は当から伝わった染料『唐紅』。『みずくくる』はみずが染め上げられたという意味です。

「竜田川に流れているきれいな落ち葉は、唐紅に染め上げたようだ。こんな美しい光景は神代の時代からも聞いたことがない!」 訳してみるとこんな感じ。

この歌は結構好きな歌です。龍田川は見たことはありませんが情景が目に浮かぶようです。
写真は昨日の金沢市中央公園付近。

Siyakusyo


|

« 落ち葉 | トップページ | 酒は静かに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/53208116

この記事へのトラックバック一覧です: ちはやふる:

« 落ち葉 | トップページ | 酒は静かに »