« 梅の花 | トップページ | かたかごの花 »

2012年4月11日 (水)

梅の花 その弐

すてきな梅の花の写真をお借りすることができたので、梅の花の和歌をもう一つ紹介します。
梅を詠った和歌では外すことのできないのが、この紀貫之の歌。百人一首にも載っています。前回紹介した紀友則と紀貫之はいとこ同士です。

「人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける」 紀貫之、百人一首

“ひさしぶりに奈良の長谷寺を訪ねたときのこと、昔懐かしい家の庭に梅の花が変わらず咲いていた。『ここの主人の気持ちは以前のまま変わらないでいるだろうか。花は昔と同じように咲いて匂っているが・・・』

さて、その主人とは、私の希望的推測では色っぽい女主人なのですが、残念ながら男友達だという意見が多いようです。

写真は『火曜日写真』というブログを書いていらっしゃるprisoner6さんからお借りしました。すばらしい写真ですね。写真はまだまだありますのでぜひブログの方をご覧ください。

D7k_3372

D7k_3237

D7k_3228_6


|

« 梅の花 | トップページ | かたかごの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/54444685

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の花 その弐:

« 梅の花 | トップページ | かたかごの花 »