« かたかごの花 | トップページ | 桜-西行 その弐 »

2012年4月16日 (月)

桜-西行

金沢の桜は満開です。

桜の和歌はこれまでたくさん紹介してきましたが、究極はこの歌でしょうね。
桜をこよなく愛した西行の有名な歌です。

「願はくは花の下にて春死なむ その如月の望月のころ」 西行

(ねがわくははなのしたにてはるしなむ そのきさらぎのもちづきのころ)

“かなうものなら桜の花の下で死のう。如月の満月のころ、お釈迦様が亡くなったというその日に。”

旧暦の如月(二月)は今の暦では桜の時期です。お釈迦様が亡くなったという日も満月だったということです。
そして西行もこの時期に亡くなったということです。

若くして地位も名誉もすべてを捨てさり出家の道を選んだ西行は73歳でなくなるまでに何を悟ったのか想像もできませんが、なにか西行にはあこがれるものがあります。

写真は昨日(4月15日)の兼六園

1

2

3

4

|

« かたかごの花 | トップページ | 桜-西行 その弐 »

コメント

こんにちは

仙台はまだ梅です
桜は咲くのを忘れたようです

投稿: prisoner6 | 2012年4月17日 (火) 21時40分

prisoner6さん、仙台はまだまだ花見を楽しめそうですね。
金沢は梅と桜が同時に咲いています。

投稿: kazu | 2012年4月18日 (水) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/54487009

この記事へのトラックバック一覧です: 桜-西行:

» 西行の森 [火曜日写真]
松島の海が見えるはずの高台 [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 19時53分

« かたかごの花 | トップページ | 桜-西行 その弐 »