« 鈴木大拙 | トップページ | カキツバタ:兼六園 »

2012年5月19日 (土)

在原業平:スカイツリー

スカイツリーもいよいよ開業ですね。
スカイツリーといえば在原業平(ありわらのなりひら)です・・・なぜ、かというと伊勢物語のなかで業平が墨田川のほとりで和歌を読んだのです。

「名にし負はばいざこととはむ都鳥 わが思ふ人はありやなしやと」

業平さんは今日の都からはるばる隅田川までやってきました。そこには見たことのない鳥が泳いでいる。渡し船の船頭にあれは何の鳥か?ときくと都鳥(みやこどり)だという。
そうか、今頃都においてきた彼女はどうしているのだろうか、と歌を詠み、船に乗っていた皆が涙を流した。といういいシーンです。

ということで、そこに架かった橋を『言問橋(ことといばし)』、近くの駅を『業平橋駅』としたのですが、いまでは駅名が『とうきょうスカイツリー駅』。これってどう思います?

しかしスカイツリーみ見事ですなー、先日隅田川へはるばる言った時に思わずシャッターを押してしまいました。

ちなみにスカイツリーのエレベーターの中に書かれているのは都鳥です。

伊勢物語のこの部分は以前にブログで取り上げています。朗読も聞けますのでよかったらどうぞ。^^

伊勢物語第九段 記事 朗読

Tree


|

« 鈴木大拙 | トップページ | カキツバタ:兼六園 »

コメント

こんにちは突然すみません。。
最近古文がマイブームになりつつある大学生です^^
業平といえば「世の中に・・・」の桜の和歌が一番好きです。季節はちょっとずれちゃいましたが…
スカイツリー行ったら都鳥チェックしようと思います!!

投稿: 遠田ちか | 2012年5月27日 (日) 22時26分

遠田ちかさん、コメントありがとうございます。
伊勢物語いいですね。
古典ファンはドンドン増えそうですね。
また遊びにきてくださいね。

投稿: kazu | 2012年5月27日 (日) 22時54分

お久しぶりです。総務工房です。

スカイツリーに行ってきたのですか?
さすがに行動が早いですね。

私は予約が必要ない7月以降に行ってみようと思います。
高いところは結構好きなので・・・。

「業平駅」や「言問橋」、言葉の醸し出す情緒は素晴らしいです。

「スカイツリー駅」は経済効果はあるでしょうが、情緒が失われるような気がします。

時代の流れでしょうか?

投稿: 総務工房 | 2012年5月29日 (火) 07時38分

総務工房さん、おひさしぶりです。
スカイツリーは遠くから見ただけでして、そのうちに上ってみたいと思っていますが。

しばらく下町周辺は混雑で大変そうですね。
江戸の下町を前面に出してアピールしているようですが・・・

投稿: kazu | 2012年5月29日 (火) 09時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在原業平:スカイツリー:

« 鈴木大拙 | トップページ | カキツバタ:兼六園 »