« 崇徳院 | トップページ | 高野山 »

2012年6月22日 (金)

花菖蒲

金沢市郊外にある卯辰山の花菖蒲が見頃でした。
小雨が降る中、たくさんの人が来ていました。

「ほととぎす鳴くや五月のあやめ草 あやめも知らぬ恋もするかな」
よみ人知らず、古今集

この和歌もなかなか見事な歌です。

上の句は
“ほととぎすが鳴いている5月のあやめ草”そのまんまです。
なかなかおだやかな風景ですねーなんて思っていると、

下の句は
あやめ「文目」は物事の筋道・道理、着物の模様。の意味で、
“あやめの咲く頃には、物事の道理もわからないほどの恋をします”

という過激な内容です。

誰の作かわからないのですが、きっと高貴な身分の女性、それもすごい美人・・・というのは私の希望的推測^^、わざと名前を伏せたのかもしれませんね。

続けて訳すと、

“ホトトギスが鳴いてあやめが咲くころには、私だって無我夢中の恋をしますわよ”

最近はやりの雅女(みやびじょ)みたいになってしまいましたが・・・

1

2

3

|

« 崇徳院 | トップページ | 高野山 »

コメント

こんにちは。

花菖蒲の群生は奇麗ですね。
鬱陶しい梅雨の中、清々しさを感じます。

昔の女性は積極的だったのですね。
そんな女性にアタックされてみたい・・・。

投稿: 総務工房 | 2012年6月23日 (土) 07時39分

総務工房さん、ありがとうございます。
雨の中の菖蒲もいいものです。

この歌が書かれたのは平安時代かとおもいますが、女性はかなり積極的だったようですね。

投稿: kazu | 2012年6月23日 (土) 09時16分

そんな意味の歌だったんですね
よくわからず雰囲気だけで以前ブログに書いていました
多賀城あやめ祭り 2008年の記事です
去年と今年は中止になっています

投稿: prisoner6 | 2012年6月25日 (月) 06時39分

prisoner6さん、ありがとうございます。
多賀城というと百人一首の末の松山が浮かぶのですが、ここまで波はきたようですね。歴史のあるいいところで行ってみたいと思っています。あやめ祭りも復活を祈っています。

投稿: kazu | 2012年6月25日 (月) 10時30分

まってました。花菖蒲!
NHK 2,009年7月3日放送 早朝4:30
美の壺「花菖蒲」より テレビ放送よかったね~ NHKオンブデマンドにあるでしょうか。
2,012年5月23日にアンコール放送があったようです。6月27日に「夏の和菓子」のアンコール放送があったようです。

武士が育てた花菖蒲。城下町にはもってこい。我が松代城下町にも広めたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
吉野晶子アナウンサーのコメント
「花菖蒲」は江戸時代に武士から愛され、品種改良が重ねられた植物。まっすぐ伸びた茎の上に咲く花からは気品を感じますが、なぜ特に好まれたのでしょうか?その理由は言葉への“しゃれ心”にありました。「菖蒲」という音が、武士が守るべき道=“武道”を重んじる言葉を指す、「尚武」と同音だったことから、武士たちはこの花を手塩にかけて育てたというのです。このように言葉の響きを大事にする日本人のしゃれ心は今でも残っています!例えば入学試験のときなどは、試験に「合格」するようにと「五角」の鉛筆を使ったり、受験に「勝つ」という言葉と「カツ」を重ねて豚カツを食べてみたり・・・。私も母が揚げてくれたカツを必死にほお張った思い出があります。今回の花菖蒲、先人達の風流な暮らしと言葉を楽しむ粋な心を改めて教えてくれました。

美の壺「花菖蒲」
http://www.nhk.or.jp/tsubo/program/file135.html

投稿: roku | 2012年7月 2日 (月) 12時01分

追記
♪ 卯の花の匂う垣根に ほととぎす 早も来鳴きて…
♪ 五月雨のそそぐ山田に 早乙女が裳裾ぬらして…

ほととぎす
http://nagano-matusiro.seesaa.net/article/275288470.html

or六茶ぶろぐ
http://blog.goo.ne.jp/zousanroku

投稿: roku | 2012年7月 2日 (月) 13時19分

追記2

“あけぼのは まだ紫に  ほととぎす” 松尾芭蕉

“あけぼのや まだ朔日に ほととぎす” 小林一茶

弊ブログ 小林一茶句碑
http://blog.goo.ne.jp/zousanroku

投稿: roku | 2012年7月 2日 (月) 21時12分

rokuさん、コメントありがとうございます。
美の壺は見逃しましたが・・・この時期アジサイもいいですね。

投稿: kazu | 2012年7月 3日 (火) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/55026966

この記事へのトラックバック一覧です: 花菖蒲:

« 崇徳院 | トップページ | 高野山 »