« 秋の田 | トップページ | 寒露 »

2012年9月17日 (月)

猛暑

今日(9月17日)の金沢は気温が36℃を超えています。
ちょっとありえない気温になっていますが、さすがにバテてきました。

「風そよぐならの小川の夕暮は みそぎぞ夏のしるしなりける」 従二位家隆、百人一首

夏の終わり、上賀茂神社でみそぎをしている涼しげな光景を歌った歌です。
うちの裏を流れている川も「ならの小川」のようなきれいな川だったら、はいりたいのに・・・

Kamikamo
この写真は以前、上賀茂神社に行った時にとった「ならの小川」

|

« 秋の田 | トップページ | 寒露 »

コメント

kazu様
今夏は金沢だけでなく一週間まえ北海道でも夜エアコンかけっぱなしだったそうです。
秋彼岸、ようやく涼しくなりそうで、予報では日中の最高気温が金沢28℃ 長野27℃のようです。

古今和歌集より  よみ人しらず

“わが心慰めかねつ更級や 姨捨山に照る月を見て”

西行法師、能因法師、松尾芭蕉、小林一茶 など姨捨へ旅寝して詠んでいるようです。
菅原孝標女、小野小町、紀貫之 などが姨捨をイメージして詠んでいるようです。

大和物語の姨捨説話:70にして一度は老人を遺棄するが連れ帰った老人の知恵で国が救われる。

投稿: roku | 2012年9月20日 (木) 08時52分

roku様、暑さ寒さも彼岸まで、ようやく涼しくなってきたようです。
姨捨山の情報ありがとうございます。

投稿: kazu | 2012年9月20日 (木) 12時18分

“月月に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月”よみひとしらず 
月が8回でてくるので旧暦の8月の月、つまり十五夜を指してるそうです。
中秋の名月 十五夜のお月さんが台風で見れませんでしたね。
十五夜はもともと中国の風習。中国では晴れる日が多いそうです。この時期、日本では台風や秋雨前線の影響で雨や曇りが多い。十月以降の方が秋の高気圧に覆われて天気が安定している。
日本には十三夜があります。今年の十三夜は10月27日(土)(十五夜は9月30日)
以上、気象予報士 「秋元 梓」

♪包丁一本 さらしに巻いて 旅へ出るのも 板場の修業
待ってて こいさん 哀しいだろが
あゝ 若い二人の 想い出にじむ 法善寺
月も未練な 十三夜♪


投稿: roku | 2012年10月 1日 (月) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/55681296

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑:

« 秋の田 | トップページ | 寒露 »