« 紅葉 | トップページ | 富士山 »

2012年11月21日 (水)

紅葉 菅原道真

北陸に住んでいると、
この時期にたまにいいお天気だと嬉しくなりますね。

「このたびは幣もとりあえず手向山 紅葉の錦 神のまにまに」 菅家、百人一首
(このたびはぬさもとりあえずたむけやま もみじのにしきかみのまにまに)

百人一首から菅原道真(菅家)の歌です。
ちょっと読みにくいですが紅葉の歌でははずせません。
大好きな歌です。

道真が帝の行幸に同行した時に歌った歌です。

この度とこの旅をかけています。
幣(ぬさ)は神様に捧げる色とりどりの紙、今は神主さんがバサッバサッとやっている白いやつ。

“この旅にはあいにく神にささげる幣を持ってきていません。かわりにこの手向山の見事な紅葉を捧げましょう。神の御心のままに。”

写真は金沢城の石垣といもり堀です。

Imori

|

« 紅葉 | トップページ | 富士山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/56160992

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉 菅原道真:

« 紅葉 | トップページ | 富士山 »