« 富士山 | トップページ | 年の暮れ »

2012年12月10日 (月)

ここ数日、嵐が吹き荒れています。

わずかに太陽がのぞいても、空には真っ黒な雲がたちこめています。
北陸の冬はいつもこうですが、こういう景色も和歌にしてしまうのが、この時代のいいところ。

鎌倉時代の歌人、藤原秀能(ふじわらのひでよし)の作。
新古今和歌集から選んでみました。

「山里の風すさまじき夕暮に 木の葉乱れてものぞ悲しき」 藤原秀能

一瞬日が差したので窓からそとを写してみましたが、やはり北陸の冬です。

Yuugure2

|

« 富士山 | トップページ | 年の暮れ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 富士山 | トップページ | 年の暮れ »