« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月26日 (土)

吹雪

北陸の方は吹雪になっています。

平安時代ではほとんど暖房もない中で、よく雪を眺めていられたものだと思います。
その風流な気持ちだけみならって、暖かい部屋の中から吹雪を眺めています。

「冬ごもり思ひかけぬを木(こ)のまより 花と見るまで雪ぞふりける」 紀 貫之、古今集

“冬籠りの季節で花なんて思いもかけなかったのを、木の間から花のような雪が降ってきたよ”


でも寒いーーー今金沢市で出てる注意報は
大雪・風雪・雷・高潮・なだれ・着雪

みなさん気をつけましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

青空文庫:室生犀星

今年は室生犀星没後50年ということで著作権が切れ、1月1日より作品を公開できるようになりました。

青空文庫では「抒情小曲集」が早速公開されています。『ふるさとは遠きにありて思ふもの・・・』等、有名な詩が多く入っています。
室生犀星は同郷ということで私が入力を担当させていただきました。ぜひお読みください。

今年は同じ石川県の中谷宇吉郎他、柳田国男、吉川英治など大物の作品が続々公開されます。楽しみですね。
室生犀星の詩集、「愛の詩集」は入力を終え校正待ち、「忘春詩集」は入力中です。
どなたか校正してみたいという方はぜひお願いします。

ふるさとは遠きにありて思ふもの

そして悲しくうたふもの

よしや

うらぶれて異土の乞食《かたゐ》となるとても

帰るところにあるまじや

ひとり都のゆふぐれに

ふるさとおもひ涙ぐむ

そのこころもて

遠きみやこにかへらばや

遠きみやこにかへらばや

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

新しき年 2013年

明けましておめでとうございます。

「新(あらた)しき年の初めの初春の 今日ふる雪のいや頻(し)け吉事(よごと)」 大伴家持
“新しい年の始まり、初春の今日、この降る雪のように良きことが続きますように“

年頭にふさわしいこの歌を紹介するのは、これで6回目です。
今年も北陸は雪が降っています。
毎年、お正月には、この降る雪のように良い事が続いてほしいと願います。

本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »