« 梅の花 | トップページ | アジサイ »

2013年4月 6日 (土)

金沢の桜は満開です。

明日からは大荒れの天気になるらしく、散ってしまうのかなと思うとちょっとさびしいですが、伊勢物語から二首選んでみました。

水無瀬というところで狩りをして桜の木の下で、身分の高い人も低い人も、お酒を飲み歌を詠んで騒いでいます。さすがにカラオケはありませんが、日本人は千年前から同じようなことをやってきたんですね。

「世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」
“世の中にもしも桜がなかったら、春はもっとのどかなものだったろうに”

「散ればこそいとど桜はめでたけれ うき世になにか久しかるべき」
“散るからこそ桜はすばらしいのだ。世の中に変わらないものなどないのだ。”

酔っぱらって好きなことを言っているという感じですが、あまり人のことは言えません・・・

写真はフェイスブック友達のYamamura Naokoさんからお借りしました。

1

2

3

|

« 梅の花 | トップページ | アジサイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/57115988

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 梅の花 | トップページ | アジサイ »