« 能(葵上) | トップページ | 安曇野 その弐 »

2013年10月29日 (火)

安曇野

うちのカミサンは絵本がすきで、どうしても行きたいというので信州、安曇野のいわさきちひろ美術館を訪ねました。
今回は和歌にはあまり縁はないかなと思ったのですが、ちひろさんは万葉集の絵も描いているんですね。思わず買ってしまいました。「万葉のうた」
さすがに子供の表情なんかはすばらしいですね。

万葉集の防人の歌からです。

「韓衣裾に取りつき泣く子らを 置きてそ来ぬや母なしにして」

(からころも すそにとりつき なくこらを おきてそきぬや ははなしにして)

防人に徴兵され旅立たねばならなくなった父親の着物に取りついて泣いている子。
それを見つめる父親。
妻には先立たれ母もいないのにこの子は大丈夫だろうか。
いわさきちひろさんのモノクロのイラストが何とも悲しいです。

Chihiro
Chihiro2


安曇野といえばワサビ。辛党の私にはたまりません。晩酌のお供にワサビ漬け、ワサビ入り柿の種、ワサビ海苔、いろいろ買いました。bottle
Wasabi

|

« 能(葵上) | トップページ | 安曇野 その弐 »

コメント

お久しぶりですね・・・

>安曇野のいわさきちひろ美術館

ここ、かなり前に行きました。もう10年以上前かな?
庭がとっても気持ちよかったなと記憶してます。
北アルプスに向かって備え付けてあるベンチ・・・ゆったりとしていて背もたれがかなり寝ている・・・
お気に入りです。

投稿: 三友亭主人 | 2013年10月30日 (水) 06時13分

三友亭主人さん、おひさしぶりです。
最近はたまにしか書かないのに、お付き合いくださって、ほんとにありがたいです。

安曇野は初めて言ったんですけど、いいところですね。
また行こうと思います。車で4~5時間かかるけど^^

投稿: kazu | 2013年10月30日 (水) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/58476904

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野:

« 能(葵上) | トップページ | 安曇野 その弐 »